腰・足の痛みの解消には、針治療による効果が期待できます。

腰の痛み、坐骨症状でお困りなら、鍼が効果的です

 

  • 朝、布団から起き上がる
  • 顔を洗う・靴下や、ズボンを履くなど前かがみになる
  • しばらく座っていて、立ち上がろうとすると、背中が伸びない
  • 通勤電車や、台所での家事など、同じ姿勢で立ち続けるのが辛い。
  • 腰が痛くて上向きで寝れない

 

 

共通点は、筋肉が働く際の痛みです。

 

針治療で、血行を良くして、筋肉を緩める事で効果のある腰の痛みと考えられます。

腰痛・坐骨の治療実績 | 患者さんの回復の声

いろいろな病院へ行くも、改善しなかった腰痛が少しずつ改善しました。

腰が痛く日常生活にもつらかったですが、痛みもほとんど感じなくなりました。

 

16年の立ち仕事での、慢性的な痛みが鍼で治りました。

痛みで、体をねじれませんでしたが、今は何の問題もなく生活しています。

 

整形外科に行くも、腰が痛くて困っていましたが、楽になりました。

腰痛に詳しく、丁寧な感じで安心して、はり治療を受けられました。

 

 

疲れると、腰が痛くなるつらさが、短期で治りました。

原因がはっきりわかり、時間と共に良くなることが分かりました。

 

 

左腰の痛みが、どんどん軽くなりました。

針に通うたびに、左腰に感じる痛みが軽くなりました。

腰痛解消:喜びの声

椎間板ヘルニアによる、坐骨の痛みが改善。

ヘルニアが、瀬谷区の針治療で改善

効果的な、鍼を行える理由

鍼灸の治療が効果が期待できるのか、引き受ける前に、体の状態と腰の痛みの原因を詳しく調べるから効果的な治療が可能となります。

はじめから、効果的な腰痛治療が出来た訳ではなく、臨床20年の経験でさまざまなタイプの腰痛の治療を担当した経験で、技術が高まったと思います。

 

整体・針・病院で、それぞれ1流の先生のもとで3年以上ずつ、計10年しっかり学んだので
腰痛治療には自信があります。

 

病院と治療院、両方での勤務経験がありますので、効果的な方法を提案しています。

 

はり治療だけで良いのか、病院との併用が必要か、あるいは、専門医の診察治療を優先すべきか判断します。

 

はりを希望される患者さんの1割強は、症状がこじれ、はりよりも医師の診察・治療が必要な事も

横浜瀬谷にある当院で、効果を期待できる症状。

横になって休んでいれば痛くないが、「立ち上がる・前に屈む」などの動作時の痛み・
通勤電車や台所など、同じ姿勢を続ける際に感じる痛み。

病院での、レントゲン・MRIによる画像診断での、変形・ヘルニア・骨の間隔が狭い・老化などは
鍼灸適応か、どうかの判断には関係ありません。

 

変形・ヘルニアなどが原因とされても、手術を勧められていない腰の痛みなら効果が期待できます。

効果の期待できない、痛み

横になっていても、激痛が我慢できなく、じっとしていられない。

 

安静にしていても我慢できない、痛みは、重度の炎症・ヘルニアなどが疑われ、はりよりも、背骨の専門医による診察・治療が必要です。

通院の目安

慢性的に腰がつらいが続き、悪化して痛みが強くなった場合。

週1、3~5回の鍼治療で、症状が軽くなる事が多いです。

 

腰の痛みだけでなく、足にしびれや痛みが出てきた場合。

週1、5~7回の鍼治療で、症状が軽くなる事が多いです。

 

週1回の計画的な通院が、基本となります。

 

 

例外として、生活に支障のある・痛みが強い症状は、間隔を詰め、はじめの、2~3回を集中して毎日行うと効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です