妊活に対する鍼の可能性

「不妊症 鍼灸」で検索すると、沢山の情報が出ますね。
しかし、読んでいると専門家であるが見ても、チョットという記事も少なくありません。

まず、鍼灸がすべての不妊症に効果が期待できるわけでないことを
しっかりとご理解ください。

 

不妊症には、病気・半病・不調があります。
(少し、表現がキツイと思いますが、大切なことなので病気を使用)

 

病気:鍼灸では効果が期待できない、病院の治療が有効

お体の病気:西洋医学による検査で、ハッキリ問題が見つかり
それを改善しないと、妊娠の可能性がほとんど無い(例)卵管が捻じれて詰まっているなど、形の異常

 

投薬や手術で、病気の治療を行えば、病気の改善が見込まれ、
病気が治れば妊娠が見込まれる。

病気に対しても、鍼灸単独で施術を行っているサイトをめにしますが、
個人的にはこの分野は、鍼灸が手を出す分野ではないと考えます。

 

 

半病:西洋医学で問題が見つかるが、必ずしも手術の適応とならない

(例)内膜症・筋腫など、問題はあるが、投薬や経過観察での
症状の改善が見込まれる

この分野は、医師との連携で鍼灸での効果も期待できるが
期間を決めて行わないと、次へのステップへの移行が遅れることも

 

 

不調:これは未病とも呼ばれ、現代医学では異常が検知できないが妊娠しない状態

ここが、鍼灸が最も活躍する部分ですが、西洋医学で、原因の分からないもの
全てが、鍼灸で効果が期待できるわけではなく

鍼灸独自の、脈診や腹診で不妊の所見がある時が鍼灸の適応となる。

西洋・東洋医学ともに異常なし そんな不妊もあります。

 

はり治療は、つぼによる特別な力が働き、妊娠に至ると期待させるような
サイトも増え、そのような期待を持ちご連絡いただくケースもありますが

あくまでも、針灸は、妊娠準備の為に、お体を整えるためのお手伝いです。

西洋的な高脂肪で体を冷やす食事・過度の疲労
長時間労働による無理な仕事妻だけに不妊の原因を求め、夫が無協力では、
妊娠の確率は上がりません。

ご夫婦でも、お子さんを迎える準備を行ってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です